SIRMOSTAD presents [ fete ]

2019.12.28.sat
livehouse nano

2019.12.28.sat

SIRMOSTAD presents [ fete ]

act:
SIRMOSTAD
the sankhwa
Lighting by annie(N'djamenan;jamena)
open 18:30
start 19:00
前売 ¥ 2,000
当日 ¥ 2,500
1 ドリンク制 ¥500

Ticket予約

この一年の出会い別れ、生き抜き得た歓び、怒り。あらゆる感情、風景を持ち寄り祝い合う、そんな日になればと、この名をつけました。ゲストアクトにはthe sankhwaを。今年出会った中で真っ先に浮かんだのが彼らでした。その多幸感溢れるステージに加え、さらにアニーのランプシェードの彩りを。

小さな村の晩餐会のような、暖かな揺らぎと喝采に包まれる夜。まぁエモめの忘年会です。

SIRMO STAD アベフミヒコ

the sankhwa
知らない村の、知らない山への礼賛。雨を織り込んだ風に踊り、息吹のしじまを歌う。2016年結成。明治以前に日本に存在した服わぬ民「山窩」を語源とし、既存の形態に囚われない楽曲制作を模索、実施。その根底には音楽による人生賛歌があり、日々の昇華があり、想像の体現がある。主に欧州を中心としたPOPS/ROCK/FOLK等を踏襲しつつ、MINIMALやa等の構築的美学も取り入れた、新時代的サウンドを探求している。また、音楽制作以外の活動として、自らが生きる状況/環境への理解と解釈のための活動として「四季を知る」という企画を写真家の三田周氏と実施。生活に溶け込み形骸化した四季という存在を改めて、目で見、耳で聞き、鼻で嗅ぎ、肌で触れ、舌で味わう事によって、日々に削ぎ落とされそうになっていた「なにか」と向き合おうとしている。

Lighting by annie(N’djamenan;jamena)
イベント当日は照明として Lighting by annie(N’djamenan;jamena) が nano を幻想的に演出してくださいます。

Photographer : Itsumi Okayasu
フライヤーのメインビジュアルの写真はItsumi Okayasu撮影。今回のテーマである"祝祭"から着想を受けてこのビジュアルを提供してくれました。